iPhoneアプリとAndroidアプリの違いは?

iPhoneとAndroidの違い携帯電話はいわゆるガラケー(ガラパゴス携帯)とスマートフォンに分かれます。

ガラケーとは日本独自の進化を遂げてきた多機能携帯の事を指します。赤外線・おさいふケータイ・ワンセグ等…ガラケーを使い慣れている日本人としてはどれも必須の機能ですが、どうやら便利さを追求した結果、海外から見ると独自の進化を遂げてきたようです。(ガラパゴスとは独自の進化を遂げたガラパゴス諸島の生物にもじっている)

スマートフォンはここ数年急激に利用者が増加している携帯です。従来の電話・メールに加え、パソコン機能のインターネット等が使えます。特徴としては、従来の二つ折り携帯と異なり、タッチパネル式の為大きいディスプレイのみがある携帯です。またアプリをダウンロードし、好きなようにカスタマイズができます。

スマートフォンの中には「iPhone」と「Android」の2種類の携帯があります。
iPhoneはアップル社がOSから開発を手がけているので、全シリーズでiOSというMac系列のOSが使われています。iPhone以外のスマートフォンは、ほとんどの機種がAndroidというGoogleの開発したOSを使用しています。

では、iPhoneとAndroid、それそれのアプリの特徴を見てみましょう。

iPhone

iPhoneとは?Apple製スマートフォン「iPhone」で動作するアプリケーションの事です。
Appleが運営する「App Store」から入手する事ができます。Androidと異なり、Apple社の厳しい審査を受けたアプリが中心となるため、質も一定レベルを超えていて安全性の高いものがほとんどです。現在App Storeには70万本を超えるアプリが公開されており、ダウンロード数は300億を超えているようです。

Android

Androidとは?Android端末の各スマートフォンで動作するアプリケーションの事です。
Googleが提唱・開発をしているおり、「Google Play」から入手する事ができます。Androidアプリの開発には制約がなく、自由度が高い為、企業だけでなく一般の個人までもがアプリ開発に携わり、非常に多くのアプリが存在します。しかし、自由度が高い為にクオリティもピンキリで、中には悪意を持ったウイルス的なアプリも存在するようです。